フォールスメモリ

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

フォールスメモリとは、実際には起きなかったことを、起きたと信じ込むことです。日本語では「虚偽記憶」とも訳されます。

フォールスメモリは、さまざまな要因によって発生する可能性があります。例えば、以下のようなものが挙げられます。

間違った情報を繰り返し聞かされる
誘導的な質問をされる
強い感情を伴う出来事
幼い頃の出来事
フォールスメモリは、目撃者証言や被害者の証言など、司法の場面で大きな問題となります。また、心理療法においても、フォールスメモリを作り出すことが懸念されています。

フォールスメモリを防ぐためには、以下のようなことに注意が必要です。

情報は複数のソースから収集する
誘導的な質問を避ける
感情を落ち着かせて記憶を思い出す
過去の出来事を客観的に捉える
フォールスメモリは、誰にでも起こり得る現象です。自分の記憶を振り返るときは、注意深く検証することが大切です。

https://coach-minoru.com/false-memory/

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5