サヴァン症候群とは、知的障害や自閉症などの発達障害がある人が、その障害とは対照的に、特定の分野において突出した能力・偉才を示すこと

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

サヴァン症候群とは、知的障害や自閉症などの発達障害がある人が、その障害とは対照的に、特定の分野において突出した能力・偉才を示すこと。また、ある特定の分野の記憶力、芸術、計算などに、高い能力を有する人を意味する。

サヴァン症候群の具体的な症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 特定の分野の記憶力が極めて優れている
  • 特定の分野の知識が豊富である
  • 特定の分野の芸術的才能がある

サヴァン症候群の原因は、完全には解明されていませんが、以下のようなものが考えられています。

  • 脳の特定の領域の異常
  • 脳の異常な使い方

サヴァン症候群は、古くから知られており、多くの著名な人物もサヴァン症候群であるとされています。

  • ダニエル・タメット:数学や音楽、記憶力に優れたサヴァン症候群の男性。映画「レインマン」のモデルとされる。
  • スティーヴン・ウィリアムス:音楽に優れたサヴァン症候群の男性。映画「サウンド・オブ・ミュージック」のモデルとされる。
  • タマラ・エクマン:絵画に優れたサヴァン症候群の女性。

サヴァン症候群は、決して病気ではなく、むしろ、脳の特殊な働きによって、特定の分野で高い能力を発揮することができると考えられています。

参考URL:
サヴァン症候群 | e-ヘルスネット(厚生労働省)