クンダリニー症候群とは、ヨーガや瞑想などの精神的な修行によって、クンダリニーと呼ばれるエネルギーが覚醒する際に、生じる一時的な症状

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

クンダリニー症候群とは、ヨーガや瞑想などの精神的な修行によって、クンダリニーと呼ばれるエネルギーが覚醒する際に、生じる一時的な症状です。

クンダリニーは、脊髄の根元に眠っているエネルギーであると考えられており、覚醒すると、さまざまな身体的・精神的変化をもたらすと言われています。

クンダリニー症候群の症状は、人によってさまざまですが、以下のようなものが挙げられます。

  • 身体的症状:頭痛、吐き気、めまい、筋肉痛、発熱など
  • 精神的症状:不安、恐怖、怒り、幻覚、妄想など
  • 感情的症状:喜び、幸福感、愛、慈悲心など

クンダリニー症候群は、基本的には害のない一時的な症状ですが、場合によっては、重い精神疾患や身体疾患を引き起こす可能性もあります。

クンダリニー症候群を予防するためには、以下のようなものが挙げられます。

  • 経験豊富な指導者のもとで、適切な方法で精神的な修行を行う
  • 無理な修行をせず、自分の体や心の状態をよく観察する

クンダリニー症候群を発症した場合は、以下のようなものが効果的です。

  • ゆっくり休養をとり、自分の体や心の状態を整える
  • 経験豊富な指導者に相談する

クンダリニー症候群は、決して恥ずべきことではありません。一人で抱え込まずに、周囲の人に相談したり、専門家の助けを求めたりして、乗り越えていきましょう。

参考URL:
【クンダリーニ覚醒のやり方/クンダリーニ症候群の治し方】クンダリーニ覚醒するとどうなる?前兆体感&チャクラ解放と昇華!人生最高の瞑想体験でクンダリーニ覚醒できる - Dream Art Laboratoryのプレスリリース

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5