身長コンプレックスとは、自分の身長が平均よりも低いことに強い劣等感や不安を抱く心理状態のこと

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

身長コンプレックスとは、自分の身長が平均よりも低いことに強い劣等感や不安を抱く心理状態のことです。

身長は、遺伝や栄養、運動などの影響を受け、個人差が生じるものです。日本では、20代の男性の平均身長は171.5cm、女性は158.5cmであり、それより低い身長の人は、周囲と比べて自分が小さく見えると感じ、コンプレックスを抱きやすい傾向があります。

身長コンプレックスの原因は、主に以下の3つが挙げられます。

  • 周囲の視線や言動
  • メディアの影響
  • 本人の思い込み

周囲の視線や言動によって、自分の身長が低いことに意識が向き、コンプレックスを抱くことがあります。例えば、親や友人から「背が低いね」「小さいね」などと言われた経験がある人は、身長コンプレックスを抱きやすいと言われています。

また、メディアの影響も身長コンプレックスの原因の一つです。テレビや雑誌などのメディアでは、高身長の男性や女性が活躍していることが多く、それによって身長の低い人が劣等感を抱くことがあります。

さらに、本人の思い込みによっても身長コンプレックスを抱くことがあります。例えば、身長が低いことで、恋愛や仕事で不利になると考える人は、コンプレックスを抱きやすいと言われています。

身長コンプレックスは、本人の生活や人生にさまざまな影響を及ぼす可能性があります。例えば、以下のような症状が現れることがあります。

  • 人前に出るのが苦手になる
  • 自信がなくなり、消極的になる
  • 恋愛や結婚を諦める
  • 仕事に支障をきたす

身長コンプレックスを克服するためには、まずは自分の身長を受け入れることが大切です。周囲の視線や言動に過敏に反応せず、自分自身を肯定するようにしましょう。また、自分の長所や強みを見つけ、それらを伸ばすことで、自信を回復することができます。

さらに、身長を伸ばすための努力をすることも有効です。成長ホルモンの分泌を促す食事や運動を行うことで、身長を伸ばす可能性が高まります。

身長コンプレックスは、本人の努力だけでは克服するのが難しい場合もあります。その場合は、カウンセリングやセラピーを受けることで、心の負担を軽減し、コンプレックスを克服する方法を見つけることができます。

参考URL:
「160センチの男性」が“身長コンプレックス”から解放された出来事 | 日刊SPA!

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5