情動ヒューリスティックとは、ヒューリスティックの一種であって、感情的反応、もしくは心理学用語での「情動」が、要因となるもの

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

情動ヒューリスティックとは、ヒューリスティックの一種であって、感情的反応、もしくは心理学用語での「情動」が、要因となるものです。

ヒューリスティックとは、複雑な問題を解決するために、簡易なルールや推測を用いる方法です。情動ヒューリスティックは、そのうちの一種であり、現時点での感情が、判断や行動に影響を与えます。

例えば、嬉しい気分のときは、物事を楽観的に捉え、リスクを負う判断をしやすくなります。一方、悲しい気分のときは、物事を悲観的に捉え、リスクを避ける判断をしやすくなります。

情動ヒューリスティックは、複雑な問題を素早く解決するために役立ちますが、必ずしも正しい判断につながるとは限りません。例えば、嬉しい気分のときに、高額な買い物をしてしまったという経験がある人は多いのではないでしょうか。

情動ヒューリスティックを活用する際には、その限界を理解し、注意が必要です。

以下に、情動ヒューリスティックの具体的な例をいくつか挙げます。

  • 嬉しい気分のときは、新しいことにチャレンジしやすくなる。
  • 悲しい気分のときは、いつもより慎重な判断をするようになる。
  • 怒っているときは、攻撃的になったり、衝動的な行動を取ったりするようになる。
  • 恐れているときは、逃げ出したくなったり、パニックになったりするようになる。

情動ヒューリスティックは、私たちの日常生活において、さまざまな場面で影響を与えています。その特徴を理解し、適切に活用することで、より良い判断や行動をすることができるでしょう。

参考URL:
情動ヒューリスティック - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5