「わかりやすく言うと」が口癖の人の心理

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

「わかりやすく言うと」が口癖の人には、いくつかの心理が考えられます。

相手に理解してもらいたいという気持ち

これは、最も一般的な心理です。相手が自分の考えや気持ちを理解していないと感じている場合、「わかりやすく言うと」というフレーズを使って、より明確に伝えようとするのです。

自分の説明能力への自信のなさ

自分の説明能力に自信がない人は、「わかりやすく言うと」というフレーズを使って、相手に理解してもらえるように不安を解消しようとする場合があります。

相手を下に見ている気持ち

相手が自分の考えや気持ちを理解できないのは、相手が頭が悪いからだと思っている場合、「わかりやすく言うと」というフレーズを使って、相手を見下している気持ちを表現する場合があります。

自分の考えを整理したい気持ち

「わかりやすく言うと」というフレーズを使うことで、自分の考えを整理し、論理的に説明しようとする場合があります。

時間がない気持ち

時間がない場合、「わかりやすく言うと」というフレーズを使って、手短に説明しようとする場合があります。

このように、「わかりやすく言うと」という口癖には、さまざまな心理が考えられます。

「わかりやすく言うと」が口癖の人への接し方

「わかりやすく言うと」が口癖の人への接し方としては、以下の点に注意するとよいでしょう。

  • 相手の気持ちに寄り添い、理解しようと努める
  • 相手の説明能力を尊重する
  • 相手を下に見ているような態度を取らない
  • 相手に時間を与えて、ゆっくり話してもらう
  • 必要であれば、質問をして理解を深める

これらの点に注意することで、相手とのコミュニケーションを円滑に進めることができます。