神経信号

お勧め記事は下記2つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ

神経信号とは、神経細胞(ニューロン)によって伝達される電気信号のことです。神経細胞は、外界からの刺激や、脳内の他の神経細胞からの情報を受け取り、その情報を電気信号に変換して伝達します。

神経信号は、神経細胞の細胞膜に存在するイオンチャネルの開閉によって発生します。イオンチャネルは、細胞膜を通過するイオンの流れを制御するタンパク質です。神経信号が発生すると、イオンチャネルが開いて、ナトリウムイオンやカリウムイオンなどのイオンが細胞膜を通過します。このイオンの移動によって、細胞膜の電位が変化し、神経信号が伝達されます。

神経信号は、神経細胞の軸索(細胞体から枝分かれした長い突起)を通って伝達されます。軸索は、ミエリンという脂質で覆われているため、神経信号が速やかに伝達されます。

神経信号は、シナプスと呼ばれる構造で、他の神経細胞に伝達されます。シナプスでは、神経細胞の軸索の末端にある神経伝達物質が、他の神経細胞の受容体に結合することで、神経信号が伝達されます。

神経信号は、私たちの身体を動かしたり、思考したり、記憶したりするために不可欠なものです。神経信号が正常に伝達されないと、運動障害や認知症などのさまざまな症状を引き起こす可能性があります。

https://www.jst.go.jp/pr/announce/20191002/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です