事後情報効果

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

事後情報効果とは?

事後情報効果(Posterior Information Effect)は、認知心理学および社会心理学における現象の一つです。この効果は、人々がある情報を受け取った後に別の情報を提供される場合、最初に受け取った情報が後の判断や記憶に影響を与える現象を指します。

具体的には、以下のような特徴があります:

判断のゆがみ: 事後情報効果により、最初に受け取った情報に基づいて形成された初期の判断や意見が、後の情報によって歪められることがあります。新しい情報が既存の判断を修正させたり、新たな視点や解釈を生じさせることがあります。

記憶の歪み: 事後情報効果は、人々の記憶にも影響を与えます。後の情報が最初の情報と一致しない場合、記憶の再構築が起こり、新しい情報に基づいた再構築された記憶が形成されることがあります。

意見や態度の変化: 最初の情報と後の情報が矛盾している場合、人々の意見や態度は後の情報に合わせて変化することがあります。これは、後の情報がより説得力を持っていると感じられたり、初期の情報に対する信頼性が低下するためです。

事後情報効果は、情報の受け取り方や判断の形成において重要な要素となります。人々は情報を受け取った後に新たな情報を処理するため、初期の情報に対する評価や判断は変化する可能性があります。この効果を考慮に入れることで、情報の伝達や意思決定のプロセスにおいてより効果的なコミュニケーション戦略を選択することができます。

https://www.fukuoka-u.ac.jp/column_list/research19/16/10/03110101.html