役割距離

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

役割距離とは、社会学者のアーヴィング・ゴフマンが提唱した概念で、人が担っている役割とその役割に対して期待される行動との間に生じる距離のことを指します。

例えば、教師という役割であれば、教壇に立って生徒に教えることが期待されます。しかし、教師が授業中に冗談を言ったり、生徒と親しくなったりすることは、教師としての役割期待とは少しずれていると言えます。このように、役割期待から少しずれた行動をとることを、ゴフマンは役割距離と呼びました。

役割距離は、以下の2つの機能があるとされています。

役割の緊張を和らげる
自己の存在を表現する
役割を演じる際には、常に役割期待に沿った行動をとることが求められます。しかし、役割期待は必ずしも本人の希望や価値観と一致するわけではありません。そのため、役割を演じているときの緊張や葛藤を和らげるために、役割距離をとることがあります。

また、役割距離は、自己の存在を表現する手段にもなります。例えば、上司に冗談を言うことや、同僚と茶々を入れることによって、自分のユーモアや親しみやすさを表現することができます。

役割距離は、日常生活の中で頻繁に見られる現象です。例えば、

接客業の人が、客に対して親しみやすい態度をとる
友人同士が、冗談を言ったり、悪ふざけをしたりしながら会話する
芸能人が、演技の中で自分とは異なるキャラクターを演じる
といった行動は、いずれも役割距離の例と言えます。

https://sw.self-sufficiency.jp/role/

愛着形成

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

愛着形成とは、乳幼児と特定の養育者(親や保育者)との間に形成される情緒的な結びつきのことです。

乳幼児は、生存や発達のために、養育者の愛情や関心を必要としています。養育者が乳幼児の要求に敏感に応え、愛情をもって接することで、乳幼児は安心感と信頼感を育むことができます。これが愛着形成です。

愛着形成は、乳幼児期に最も重要な発達課題のひとつです。愛着が十分に形成されていないと、子どもは不安感や不信感を抱きやすくなり、その後の人間関係や社会性の発達に影響を与える可能性があります。

愛着形成は、乳幼児期後半から小学校低学年頃にかけて形成されます。愛着形成の時期は、子どもの脳の発達も著しい時期で、愛着体験は脳の構造や機能にも影響を与えるといわれています。

愛着形成の例としては、以下のようなものが挙げられます。

子どもが泣いたり、不安になったりしたときに養育者に抱っこを求める
養育者と離れるときに泣いたり、不安になったりする
養育者が帰ってきたときに嬉しそうに駆け寄る
養育者の顔や声を見ると安心する
養育者に話しかけたり、一緒に遊んだりする
愛着形成を促すためには、養育者が以下のことに気をつけることが大切です。

子どもの要求に敏感に応える
愛情をもって接する
子どもの話をしっかりと聞く
子どもとスキンシップをする
子どもと一緒に遊ぶ
愛着形成は、子どもの心の土台となる大切なものです。養育者は、子どもの愛着を育むために、日々の生活の中で愛情と関心をしっかりと注いであげましょう。

https://hoikucollection.jp/infomation/learn/3343/4%E5%89%B2%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%8C%E6%9C%AA%E5%AE%8C%E6%88%90%E3%81%AE%E6%84%9B%E7%9D%80%E5%BD%A2%E6%88%90%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88/

精神疾患

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

精神疾患とは、脳の神経伝達物質の乱れによって、感情や行動などに著しいかたよりが見られる状態のことです。

具体的には、気分の落ち込みや不安、幻覚・妄想、強迫的な行動など、さまざまな症状が現れます。これらの症状は、本人や周囲の人に大きな苦痛や障害を与えることがあります。

精神疾患の原因は、遺伝や環境、生活習慣など、さまざまな要因が複雑に絡み合って起こると考えられています。

精神疾患の代表的な例としては、以下のようなものが挙げられます。

統合失調症:幻覚や妄想、思考の障害などがみられる
うつ病:気分の落ち込み、意欲や集中力の低下、不眠、食欲不振などがみられる
双極性障害(躁うつ病):躁状態(気分の高揚や活動性の亢進)と鬱状態(気分の落ち込みや活動性の低下)が交互に現れる
不安障害:不安や恐怖が過度に強く、日常生活に支障をきたす
強迫性障害:繰り返し同じ思考や行動をしてしまう
摂食障害:過食や拒食などの異常な食行動によって、体重や栄養状態が乱れる
アルコール・薬物依存症:アルコールや薬物に強い依存性を持つ
精神疾患は、適切な治療と支援を受けることで、症状の改善や再発予防が可能です。

もし、自分や周囲の人が精神疾患の疑いがある場合は、早めに精神科や心療内科を受診することが大切です。

https://works.litalico.jp/column/mental_disorder/017/

ネオフォビア

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ネオフォビアとは?

ネオフォビア(neophobia)は、新しいものや新たな状況への恐怖や抵抗感を指す心理学的な概念です。ネオフォビアは、「ネオ」は「新しい」を意味し、「フォビア」は「恐怖」を意味する言葉から派生しています。

ネオフォビアは、新しい経験や状況に対して不安や恐怖を感じることを特徴としています。これは、新しいことや未知のことに対しての抵抗や不信感が強くなる傾向を指します。ネオフォビアは、個人の性格や経験、環境などによって異なる程度で現れることがあります。

ネオフォビアは、慣れ親しんだ状況やルーティンからの逸脱に対する不安や恐怖を表すことがあります。新しいアイデアや変化、未知の場所や人間関係に対して警戒心を持つことが特徴です。ネオフォビアは、新たな経験や成長の機会を逃したり、自己の可能性を制限したりすることがある一方で、安定や予測可能性を好む人々にとっては一定の安心感を提供することもあります。

ネオフォビアは、心理学や教育、組織行動などの分野で研究されています。個人や組織が変化や新しい状況に適応するためには、ネオフォビアを克服し、柔軟性や創造性を発揮する必要があります。教育やコーチングの分野では、ネオフォビアに対する対処方法や新しい経験への積極的なアプローチを支援するための戦略が開発されています。

ただし、ネオフォビアは個人の心理的特性や環境に関連しており、個人の経験や背景によって異なる表れ方をします。一般的には、新しいものへの恐怖感がある程度あることは自然な反応であり、すべての新しいものに対して恐怖を感じるわけではありません。

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00351/111600009/

ウィルパワー

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ウィルパワーとは?

ウィルパワー(Willpower)は、個人の意思や決断を支え、自己統制や自己制約を維持するための心理的な力を指します。これは、自己管理や課題達成、欲求の抑制、誘惑に対する抵抗など、様々な行動や判断に関与します。

ウィルパワーは、自己制御や課題達成のために必要なエネルギー源として機能します。例えば、食事制限や禁煙、運動習慣の確立など、健康的な生活習慣の獲得においてウィルパワーは重要な役割を果たします。また、学習や仕事においても、集中力や努力の維持にウィルパワーが必要です。

ウィルパワーは、一種の心の筋肉とも言われており、使い続けることで強化される可能性があります。しかし、ウィルパワーは有限であり、継続的な使用や課題の増加によって低下する傾向があります。この現象は「ウィルパワーの疲弊」として知られています。

ウィルパワーを高めるためには、いくつかの戦略があります。例えば、目標を明確にすることや自己モチベーションを高めること、誘惑を避けるために環境を整えること、適度な休息やリラックスをとることなどがあります。また、ウィルパワーを消耗しないような効率的な行動パターンを確立することも重要です。

総じて言えば、ウィルパワーは自己制御や課題達成において重要な要素であり、個人の目標達成や行動変容において役立つ心理的なリソースです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC

バウンダリーオーバー

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

バウンダリーオーバーとは?

「バウンダリーオーバー」とは、個人や組織が自身の責任や限界を超えて他者の責任や境界に関与することを指す言葉です。つまり、個人や組織が他人の問題や責任を適切に識別せず、自身の領域を越えて介入したり、責任を負ったりする状況を指します。

バウンダリーオーバーは、人間関係や組織内の相互作用において起こることがあります。例えば、他人の問題に過剰に介入して解決しようとすることや、他人の感情や意見に過剰に反応し、自身の感情や意見を押し付けることがバウンダリーオーバーの一例です。

バウンダリーオーバーが起こると、個人や組織の負荷が増えたり、関係が損なわれたりする可能性があります。また、他人の問題や責任を負うことで、自身の成長や発展が制約されることもあります。

バウンダリーオーバーを回避するためには、以下の点に留意することが重要です:

自己認識と自己責任:自身の責任や限界を正しく認識し、他人の問題や責任に適切に介入することを意識します。
コミュニケーションの適切な範囲:他人とのコミュニケーションにおいて、自身の意見や感情を尊重しながら、相手の責任や境界を尊重することが大切です。
助言やサポートの提供:他人の問題に関心を持ち、サポートを提供する場合でも、相手の要請や限界を尊重し、過度な介入を避けるようにします。
バウンダリーオーバーの認識と適切な境界の設定は、健全な人間関係や組織の機能にとって重要です。個人や組織が自己の領域を尊重し、他者との関係を適切に管理することで、健全な相互作用を促進することができます。

https://memosinri.com/entry/784.html

機能的MRI

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

機能的MRI(fMRI)は、脳の活動を非侵襲的に観察する方法です。磁気共鳴画像法(MRI)の技術を用いて、脳の血流変化を測定することで、脳のどの部分が活性化されているかを推定します。

fMRIの原理は、脳の活動によって血流量が増加する点にあります。脳が活動すると、脳に酸素と栄養を供給するために血流量が増加します。この血流量の増加は、脳内の水分子の運動に影響を及ぼし、MRI信号の変化を引き起こします。

fMRIでは、被験者が特定の課題を実行したり、特定の刺激を受けたりしたときに、脳のどの部分が活性化されるかを観察します。この情報は、脳の機能や認知のメカニズムを理解するために役立ちます。

fMRIは、脳科学研究の分野で広く用いられています。また、脳の病気や障害の診断や治療にも応用されています。

fMRIの応用例としては、以下のようなものが挙げられます。

脳の機能や認知のメカニズムの研究
脳の病気や障害の診断
脳の損傷による障害の治療
教育やリハビリテーションの研究
脳の活動を活性化させるためのトレーニング
fMRIは、脳の研究や臨床に大きな貢献をもたらす技術です。今後も、fMRIの技術はさらに進歩し、脳の研究や臨床にさらに広く応用されていくと考えられます。

https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E6%A9%9F%E8%83%BD%E7%9A%84%E7%A3%81%E6%B0%97%E5%85%B1%E9%B3%B4%E7%94%BB%E5%83%8F%E6%B3%95

ルシファー効果

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ルシファー効果とは?

ルシファー効果(Lucifer Effect)は、社会心理学者フィリップ・ザンバードニによって提唱された概念です。ルシファー効果は、個人が特定の状況下で善悪の判断や道徳的な行動を逸脱し、悪行に走る傾向を指します。

この用語は、キリスト教の伝説であるルシファーの堕天から名づけられています。ルシファーは元は光の天使でしたが、神に対する反抗心から堕天し、悪の存在となりました。ザンバードニは、個人が特定の要因や環境によって悪行を行うことがあるという点で、この伝説と類似していると考えました。

ルシファー効果の理論は、特に権力のあり方や権威の影響を研究する中で提案されました。以下は、ルシファー効果の主な要点です。

権力の堕落: 権力を持つ者が権力の誘惑や誤用によって道徳的な逸脱を起こす可能性があるという考えです。権力が増大すると、個人の自己利益や集団の利益との間で道徳的な衝突が生じることがあります。

環境の影響: 特定の環境や状況が、個人の悪行を引き出す要因となるという考えです。例えば、権力の不透明性、責任の分散、他者の監視や制約の不在などが、ルシファー効果を促進する可能性があります。

個人の責任: ルシファー効果は、個人が自己の行動に責任を持つ必要性を示唆しています。悪行や道徳的逸脱は、単なる環境や権力の影響だけでなく、個人の選択と責任にも関わっているということを強調しています。

ルシファー効果の理論は、個人が悪行に走る理由や倫理的な問題を理解する上で重要な観点を提供しています。また、組織や社会の仕組みを改善し、悪行や道徳的な逸脱を予防するためには、以下のようなアプローチが考えられます。

倫理的な指導とモデリング: 組織や指導者は、倫理的な行動を示し、道徳的なリーダーシップを発揮することが重要です。模範となる行動や価値観を示すことにより、個人が善行を選択する意欲を高めることができます。

権力の監視と制約: 権力を持つ個人や組織に対して、適切な監視や制約を設けることが重要です。透明性や説明責任の確保、内部統制の強化などが、権力の誤用や逸脱を防ぐ上で効果的です。

個人の意識と倫理的判断力の養成: 個人の倫理的な意識と判断力を向上させる教育やトレーニングプログラムが有効です。倫理的なジレンマに対する識別能力や道徳的な判断力を養い、個人が適切な選択を行えるよう支援します。

グループや組織の文化の形成: 道徳的な文化や倫理規範を組織やグループ内に定着させることが重要です。共有された価値観や行動基準を明確にし、倫理的な意思決定や行動を促進する文化を醸成します。

報酬と組織的認知: 悪行を行った場合の適切な制裁や報酬体系を整備することが重要です。倫理的な行動を奨励し、悪行に対しては適切な措置を講じることによって、個人の行動を影響します。

ルシファー効果は、個人の道徳的な逸脱を理解し、予防するために重要な概念です。組織や社会が倫理的な行動を奨励し、悪行に対して適切な対策を講じることによって、この効果を軽減することができます。

https://nintibaiasu.com/entry/48.html

時間的展望

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

時間的展望(time perspective)とは、心理学者Lewinが20世紀半ばに提示した概念です。 「ある時点において、個人の心理に内在する未来・過去に対する見解」と定義されます。

時間的展望は、過去、現在、未来の3つの時間軸によって構成されます。

過去展望:過去の出来事に対する見解。過去の出来事を肯定的に捉えるか、否定的に捉えるかによって、過去展望は大きく異なります。
現在展望:現在の状況に対する見解。現在をどのように捉えているかによって、現在展望は大きく異なります。
未来展望:未来の目標や期待に対する見解。未来をどのように捉えているかによって、未来展望は大きく異なります。
時間的展望は、個人の性格や価値観、経験などによって影響を受けます。また、年齢やライフステージによっても変化します。

たとえば、青年期は、将来の目標や夢を描き、未来に向けて行動する時期です。そのため、未来展望が広く、過去や現在にも関心を持つ傾向があります。一方、高齢期は、人生の終わりに近づく時期です。そのため、過去の出来事を振り返り、過去から学びを得ようとする傾向があります。

時間的展望は、個人の行動や心理に大きな影響を与えます。たとえば、未来展望が広い人ほど、目標達成に向けて努力したり、新たなことにチャレンジしたりする傾向があります。一方、過去展望が否定的な人ほど、不安や焦りを感じやすく、現実的な目標を立てづらくなる傾向があります。

時間的展望を高めるためには、過去の出来事を肯定的に捉え、現在の状況を客観的に捉え、未来の目標を明確にするなどの努力が必要です。

https://yasabi.co.jp/time-perspective/

ユニットバイアス

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ユニットバイアスとは?

ユニットバイアス(Unit Bias)とは、心理学や行動経済学の用語で、人々が通常の基準や適切な量よりもある単位(ユニット)の量を好む傾向を指します。つまり、人々は一度に提供される量がある程度の基準に合致していることを好みます。

ユニットバイアスは、食事、飲み物、商品の購入など、さまざまな領域で見られる傾向です。一般的な例としては、食事において大きなポーションサイズの料理を提供された場合、それを一度に食べようとする傾向があることが挙げられます。同様に、飲み物の容器のサイズが大きい場合、一度に多くの量を飲もうとすることもあります。

ユニットバイアスは、進化的な観点から説明されることもあります。人間の祖先は、食料の不安定な供給状況に直面していたため、一度に多くのエネルギーを摂取することが有利であった可能性があります。このような遺伝的な傾向が現代の食事行動にも影響を与えていると考えられます。

ユニットバイアスは、食品産業やマーケティングの分野でも活用されます。例えば、飲食店で提供されるポーションのサイズや商品のパッケージの選択など、消費者の意思決定に影響を与えるために利用されることがあります。

認識しておくべき重要な点は、ユニットバイアスが健康や持続可能性に対して悪影響を及ぼす可能性があるということです。適切なポーションサイズや消費量を把握し、適度な摂取を心がけることが重要です。

https://note.com/suzuki_akira86/n/n8ab57fd00d48

ギャップ萌え

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ギャップ萌えとは?

「ギャップ萌え」とは、ある人物が普段とは違った意外な一面を見せることで、そのギャップに魅力を感じる現象を指します。一般的には、普段はクールで無表情な人物が、たまに見せる素直な笑顔や甘える仕草などが、その人物の魅力を引き立てるとされています。

「ギャップ萌え」は、アニメや漫画、アイドル、俳優など、エンターテイメントの分野で広く見られます。また、実生活でも、相手が普段とは違う一面を見せたときに、そのギャップに惹かれる人がいるとされています。

ただし、「ギャップ萌え」は、その人物に対するイメージや印象がギャップによって変わることがあるため、その人物がギャップを見せる場合でも、不快な印象を与える可能性があることに注意が必要です。また、あくまでも個人的な好みに基づくものであり、全ての人にとって魅力的な現象ではないことも覚えておく必要があります。

https://www.loungemembers.com/blog/p_6813.html

男性脳

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

男性脳とは、男性に多い思考や行動の特徴の総称です。一般的には、以下のような特徴が挙げられます。

論理的な思考
直線的な思考
視覚的な思考
数字やデータに強い
空間認識力に優れている
競争心が強い
自己主張が強い
リスクを冒す傾向がある
単純な作業を繰り返し行うのが得意
機械やテクノロジーに強い
男性脳は、男性ホルモンであるテストステロンの影響によって形成されると考えられています。テストステロンは、攻撃性や競争心、リスクテイクなどの性質を高める作用があるとされています。

また、男性脳は、男性が社会的に求められる役割や行動の影響によっても形成されると考えられています。男性は、一般的に、女性よりもリーダーシップや力強さなどが求められます。そのため、男性は、そうした社会的な期待に応えるために、男性脳的な思考や行動を身につける傾向があります。

ただし、男性脳はあくまでも平均的な傾向であり、すべての男性が男性脳であるわけではありません。また、女性の中にも男性脳的な思考や行動を持つ人がいるのも事実です。

男性脳と女性脳の違いを理解することは、コミュニケーションや人間関係を円滑にするために役立ちます。例えば、男性脳の人と話すときは、結論を求めたり、視覚的な説明をしたりすることで、より効果的なコミュニケーションをとることができます。

https://fb.omiai-jp.com/koipass/3274

サンプルサイズに対する鈍感さ

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

サンプルサイズに対する鈍感さとは?

サンプルサイズに対する鈍感さ(Insensitivity to Sample Size)とは、統計的仮説検定において、サンプルサイズが小さい場合に統計的有意差を見落とす傾向のことを指します。つまり、サンプルサイズが小さいと、偶然の変動が大きくなり、データのばらつきが大きくなるため、検定の力が弱くなり、有意差を検出しにくくなるということです。

一般的に、サンプルサイズが大きい場合には、統計的有意差を検出する力が強くなり、検定の結果がより信頼性が高くなります。しかし、サンプルサイズが小さい場合には、偶然の変動が大きくなり、検定の力が弱くなるため、統計的有意差を検出することができなくなることがあります。そのため、サンプルサイズが小さい場合には、統計的有意差があるにもかかわらず、見落とすことがあります。

例えば、ある薬の効果を検証するために、10人の患者を対象に試験を行った場合、効果があるにもかかわらず、サンプルサイズが小さいために統計的有意差を検出することができない可能性があります。一方、1000人の患者を対象に試験を行った場合、同じ効果があった場合でも、統計的有意差を検出することができる可能性が高くなります。

このように、サンプルサイズに対する鈍感さは、統計的な検定において注意すべき課題の一つであり、サンプルサイズを十分に確保することが重要です。

https://memosinri.com/entry/331.html

負け犬効果

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

負け犬効果とは?

負け犬効果(Loser Effect)は、動物行動学や社会心理学の領域で使用される概念です。これは、過去の敗北経験が個体の行動やパフォーマンスに影響を与え、将来の競争や戦闘において再び敗北する可能性を高める現象を指します。

負け犬効果は、動物の社会的な階層や競争の中でよく観察されます。例えば、動物が頻繁に敗北を経験すると、その個体は次の競争や戦闘において自信を失い、敗北する可能性が高まります。この現象は、ハチや鳥、魚などのさまざまな種で観察されています。

人間の社会でも、負け犬効果は一部の場合に見られることがあります。例えば、スポーツの競技において、連敗や敗北を繰り返すと、選手やチームの自信やパフォーマンスに悪影響を与えることがあります。敗北の連続によって自信を喪失し、勝つことに対するモチベーションが低下する可能性があります。

負け犬効果は、心理的要因や生物学的要因など、さまざまな要素によって引き起こされると考えられています。過去の敗北経験によって、個体のホルモンバランスや神経システムが変化し、行動や認知に影響を及ぼすことが考えられています。

ただし、負け犬効果はすべての個体や状況に一律に当てはまるわけではありません。個人の性格、経験、状況、社会的な支援など、さまざまな要素が相互に作用して影響を受けるため、個人間で異なる反応が現れることもあります。

https://kaizen-base.com/column/33153/

沈黙の螺旋仮説

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

沈黙の螺旋仮説とは?

沈黙の螺旋仮説(ちんめいのらせんかせつ)は、社会心理学の概念の一つで、大衆の意見形成や行動において、少数意見が抑圧され、多数派の意見が強化されるという現象を指します。この仮説は、ドイツの政治学者エリーザベト・ノイマンとイギリスの言語学者ナイジェル・ノイマンによって提唱されました。

沈黙の螺旋仮説によれば、社会的な環境や情報の流れが、個人の意見や行動に与える影響が重要です。多数派の意見や行動が広く支持される状況では、少数派の人々は自身の異なる意見や意図を抑制する傾向があるとされます。この抑制は自己検閲や社会的な圧力によって引き起こされ、少数派の人々が積極的に発言することをためらう原因となります。

この現象は、「螺旋」という言葉で表されます。少数派の人々が抑制されることで、意見や行動の多様性が失われ、大衆の中にいる他の個人も同様の意見や行動を取るようになります。この結果、少数派の意見はますます抑圧され、多数派の意見が強化されるという螺旋的な現象が生じるとされています。

沈黙の螺旋仮説は、マスメディアや社会的な環境が個人の意見や行動に与える影響を理解するための重要な概念です。少数派の意見が抑圧されることで、社会的な多様性や意思決定の質に影響を及ぼす可能性があるため、個人が自身の意見を表明し、異なる意見を尊重することが重要とされています。

http://kwww3.koshigaya.bunkyo.ac.jp/wiki/index.php/%E6%B2%88%E9%BB%99%E3%81%AE%E8%9E%BA%E6%97%8B

黒い羊効果

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

黒い羊効果とは?

黒い羊効果(こくいひつじこうか)は、社会心理学の用語で、集団内で異なる意見や行動を持つ人物を指しています。一般的には、その集団の他のメンバーよりも否定的に評価される傾向があるとされています。

「黒い羊」という表現は、白い羊が大多数であり、異質な存在である黒い羊が少数派であることを象徴しています。つまり、集団の中で異なる意見や行動を持つ人が少数派である場合に、その人は社会的に排除や非難の対象となる可能性が高いということです。

黒い羊効果は、人々が自己同一性や集団の結束を維持するために、異質な存在を排除しようとする心理的な傾向によって説明されることがあります。集団の一体感や一致団結を保つために、他のメンバーとの共通性を強調し、異なる意見や行動を持つ人を避ける傾向が生じるのです。

黒い羊効果は、個人や少数派の権利や意見の尊重、多様性の受容に対する社会的な課題とも関連しており、社会的な偏見や差別につながることもあります。

https://library.musubu.in/articles/38257

収束的思考

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

収束的思考とは、ある問題に対し、1つの明確に定義されたソリューションを見い出すことに集中する思考方法です。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

択一試験の問題に答える
科学実験の結果を解釈する
プログラムの不具合を特定する
法律問題を解決する
収束的思考は、論理や分析力を駆使して、正しい答えや最適な解決策を導き出すことが求められます。そのため、テストや試験、問題解決などの場面でよく用いられます。

収束的思考の特徴は、以下のとおりです。

1つの正解を目指す
論理や分析力を駆使する
テストや試験、問題解決などの場面でよく用いられる
収束的思考は、創造性とは対極に位置する思考方法ですが、どちらも人間の思考に欠かせない要素です。収束的思考と拡散的思考を組み合わせることで、より効果的な問題解決や創造活動を行うことができます。

https://asana.com/ja/resources/convergent-vs-divergent