行動経済学

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

行動経済学とは?

行動経済学とは、人々の経済的な意思決定に関わる行動や心理的な要因に注目し、その影響を解明する学問分野です。従来の経済学は、人々が合理的に最適な選択をすると仮定していたため、人々の行動を単純化し、予測可能な結果を導き出すことができました。しかし、実際の人々の行動は、合理性だけで説明できない場合が多くあります。そこで、行動経済学は、実験や観察を通じて、人々の行動や意思決定の背後にある心理的要因を明らかにし、それらがどのように経済的な意思決定に影響するかを分析します。

行動経済学は、以下のような具体的な研究分野を含みます。

社会的規範と行動:人々の行動には、周りの社会的規範が影響を与えることがあります。
意思決定の障壁:人々が判断を下す際に、認知的な限界やバイアスが生じることがあります。
時間的価値:将来の報酬やリスクに対する評価は、現在の報酬やリスクに対する評価と異なることがあります。
プロスペクト理論:人々のリスク回避行動は、損失に対する不安定さや、得られる利益の大きさや可能性によって変化します。
行動経済学は、マーケティングや政策決定など、経済活動に関わるさまざまな分野で応用されています。例えば、商品やサービスの販売戦略や価格設定に影響を与えることがあります。また、公共政策の立案や評価にも応用され、より効果的な政策の実施が期待されます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%8C%E5%8B%95%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6