(心理学者の)ニューカム

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

セオドア・ミード・ニューカムは、アメリカ合衆国の社会心理学者、大学教授、著述家です。1903年7月24日に生まれ、1984年12月28日に亡くなりました。

ニューカムは、大学生活が社会的、政治的信条にどのように影響するかを検討したベニントン・カレッジ調査を主導しました。この調査は、社会心理学における最も影響力のある研究の一つとされています。

ニューカムはまた、面識や魅力などについて、近接性の効果がどの程度あるかを測定した最初の人物でもありました。この研究は、ソーシャルメディアやオンラインコミュニティなど、現代社会の理解に重要な洞察を提供しています。

ニューカムは、ミシガン大学に社会心理学専攻の博士課程を創設し、その長を務めました。ニューカムは、社会心理学の形成期における重要な先駆者のひとりであったと評されています。

ニューカムの主な著書には、以下のようなものがあります。

Personality and Social Change (1943)
Social Psychology (1950)
The Acquaintance Process (1961)
Cohesiveness and Disintegration in Groups (1967)
ニューカムは、社会心理学における最も影響力のある人物の一人であり、その研究は現代社会の理解に重要な洞察を提供しています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%AA%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%A0

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5