オズボーン効果

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

オズボーン効果とは、新製品の発表が、現行製品の販売を減少させる現象です。1980年代にアメリカのコンピュータ会社であるオズボーン・コンピュータ・コーポレーションが、後継機種となる「Osborne Executive」を発表したことにより、現行機種である「Osborne 1」の販売が減少したことから、この名称で呼ばれるようになりました。

オズボーン効果が発生する理由は、消費者が新製品の登場により、現行製品の価値が下がることを懸念して、買い控えに走るためです。また、新製品の登場により、現行製品のサポートが終了するのではないかと不安に思う消費者もいます。

オズボーン効果を回避するためには、新製品の発表を慎重に行うことや、現行製品の価格を下げて買い控えを防ぐことが有効です。また、新製品の登場により、現行製品のサポートが終了するわけではないことを、消費者に十分に伝えることも重要です。

オズボーン効果は、新製品の発表を行っている企業にとって、大きなリスクとなります。オズボーン効果を回避するためには、マーケティング戦略を慎重に検討することが大切です。

https://marketing-campus.jp/word/a/047.html